「神宮BALL PARK」構想!2027年新球場完成予定 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

「神宮BALL PARK」構想!2027年新球場完成予定

更新

満員の神宮。歴史あるスタジアムが生まれ変わる  2020年東京五輪・パラリンピックを契機とした東京・明治神宮外苑地区の再開発で、明治神宮、日本スポーツ振興センター(JSC)、三井不動産、伊藤忠商事の4者が神宮球場と秩父宮ラグビー場を入れ替えて建設することで基本協定を結んだことが28日、分かった。新神宮球場は27年中の完成を目指す。球場にはホテルを併設するプランも浮上しており、ヤクルトの本拠地で“夢のボールパーク化”が動き始めた。

<< 下に続く >>

 ヤクルトの本拠地、神宮球場が『ボールパーク』として生まれ変わる。20年東京五輪・パラリンピックを契機とした明治神宮外苑地区の再開発で、明治神宮、JSC、三井不動産、伊藤忠商事の4者が基本協定に合意したことが判明。27年中の完成を目指した“新神宮球場”建設計画が、いよいよ動き出す。

 「将来の観客増加につながれば」

 球団関係者が期待を寄せたのは、新球場のボールパーク化だ。特に注目すべき点は、ホテルを併設するプランが浮上した点にある。

 米大リーグでは、球場内外のエンターテインメント性を高めるボールパーク化が進められている。パドレスが本拠地とするサンディエゴのペトコ・パークでは、解体予定だったビルをスタンドの一部に取り込み、レストランなどを整備。家族連れで一日中楽しめる環境を整えている。

 カブスの本拠地、シカゴのリグリー・フィールドもホテルやショッピングモールが併設されている。行政や企業などと連携し、球場を中心とした街づくりを行うのはスポーツビジネス大国、米国のトレンド。“東京のど真ん中”でそれが進むとなると、大きなインパクトがある。

 神宮一帯の再開発は、21年から本格的に始まる見通し。まず、神宮第二球場を解体し、新たな秩父宮ラグビー場の建設が跡地で22年にスタートする。関係者によると、再開発計画は野球場、ラグビー場とも解体期間の空白をできる限り減らし、プロ野球などの日程に影響を与えず継続利用できることを考慮する。

 新たな秩父宮の工事は24年にいったん終了。その後、現在の秩父宮を解体して跡地に新神宮球場の建設を始める予定だ。周辺の商業施設、宿泊施設も含め、全体の再開発は30年秋頃をめどに完了する計画で、建て替え資金は使わない容積分を売却して調達する。

 ヤクルトの昨季観客動員は年間192万7822人で、05年の実数発表以降最多となった。さらなる街の活性化へ。2027年、神宮の杜に夢のボールパークが誕生する。

神宮球場の建て替えについて東京六大学野球・内藤雅之事務局長「今ある球場を閉鎖していくという話は聞いているが、いつ着工し、いつ完成という日程は聞いていない」

★ホテルを併設する日本の球場

 日本で初めてホテルを併設したのは福岡ドーム(現ヤフオクドーム)。大規模な商業施設の開発の一環で1993年に開場したドーム球場とあわせて、95年にリゾートホテルの「シーホーク」が建設された。巨人が本拠地とする東京ドームも、所有していた旧後楽園球場跡地を再開発。2000年に「東京ドームホテル」として営業を開始した。16年に横浜スタジアムを傘下に収めたDeNAや、23年に新球場を開く日本ハムなど、近年は球場周辺を一体的に開発する「ボールパーク化」が各地で進んでいる。

★ラグビー関係者、聖地残るならありがたい

 秩父宮で多くの主管試合を行う関東ラグビー協会の水谷眞会長は「現在の秩父宮がなくなるのは残念という思いもあるが、同じ青山の地域に秩父宮の名前でラグビーの聖地が残るなら、ありがたい」と歓迎のコメント。新ラグビー場の建設に向けて「ラグビー関係者の声も反映させてほしい」と期待を寄せた。日本ラグビー協会の坂本典幸専務理事は「(秩父宮の)所有者であるJSCからは、正式には何も聞いていません」と話すにとどめた。

神宮球場

 東京・新宿区の明治神宮外苑にある野球場で正式名称は「明治神宮野球場」。両翼97・5メートル、中堅120メートル。収容人数は3万1805人。所有者は宗教法人明治神宮。1926(大正15)年10月22日に完成し、同24日に初の試合(東京六大学リーグ、明大-法大1回戦)が行われた。ヤクルトやアマチュア野球の試合で多く使用され、甲子園と並び「野球の聖地」と呼ばれる。東京五輪・パラリンピック期間中は、新国立競技場に隣接する立地から大会関連で長期借用される予定。

PR