ダル約7カ月ぶりの実戦に米紙「いつものように151~154キロ出ていた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ダル約7カ月ぶりの実戦に米紙「いつものように151~154キロ出ていた」

更新

1回、先発のカブス・ダルビッシュ=米アリゾナ(撮影・山田俊介)  米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(32)が26日(日本時間27日)、アリゾナ州メサで行われたダイヤモンドバックス戦でオープン戦初先発。右腕を故障していた昨季の8月19日、1Aでのリハビリ登板以来、191日ぶりに実戦のマウンドにあがった。1回1/3を投げ、無安打も4四球を与えるなど2失点(自責点1)。36球を投げた。

<< 下に続く >>

 米紙「USA TODAY」(電子版)はこの日、「彼にとってのオープン戦初登板。それはあまり意味のないオープン戦の1試合にすぎないが、カブス先発投手のユウ・ダルビッシュにとってはいろんな意味を持っていた」と伝え、約7カ月ぶりの実戦登板を果たしたダルビッシュにとっては重要なものだったと報じた。

 8人の打者に対して4四球を与えたダルビッシュのこの日の内容には「われわれの知るダルビッシュからは程遠いものだった」としながらも、「彼は、いつものように94~96マイル(約151~154キロ)をマークしていた」とし、ダルビッシュ自身も登板後、手応えを口にしたと伝えた。

試合結果へダルビッシュの成績へ

PR