ダルビッシュ、オープン戦初登板「めっちゃ緊張していた(笑)」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ダルビッシュ、オープン戦初登板「めっちゃ緊張していた(笑)」

更新

1回、先発のカブス・ダルビッシュ=米アリゾナ(撮影・山田俊介)  米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(32)が26日(日本時間27日)、アリゾナ州メサで行われたダイヤモンドバックス戦でオープン戦初先発。右腕を故障していた昨季の8月19日、1Aでのリハビリ登板以来、191日ぶりに実戦のマウンドにあがった。1回1/3を投げ、無安打も4四球を与えるなど2失点(自責点1)。36球を投げた。

<< 下に続く >>

 「正直、めっちゃ、き…緊張していた(笑)試合前が。あそこ(マウンド)にいったら大丈夫だけど。(球場に)来るまでの車の中とか、息詰まる…じゃないけど、こう息しづらい。誰でもたぶん緊張はすると思う。強がって、昔までは緊張しない、とかいってたけど。登板日は違います」

 スライダーなど変化球の制球が定まらなかったものの、直球は96マイル(約155キロ)をマーク。「真っすぐは、よかった。打者たちも真っすぐには完全に(タイミングが)遅れていたので。ただ変化球が本当にストライクが投げられなかったので、そこはよくなかった」と課題を挙げた。

試合結果へダルビッシュの成績へ

PR