JR東日本東北“みちのく右腕コンビ”加藤&岩佐、全国行ってプロ行く/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

JR東日本東北“みちのく右腕コンビ”加藤&岩佐、全国行ってプロ行く/東北スポーツ

更新

都市対抗出場などのトロフィーを前にポーズを取るJR東日本東北の加藤(右)と岩佐(左)。大卒2年目、活躍してプロの指名を待つ (撮影・井上幸治)  社会人野球のJR東日本東北(宮城)で、大卒2年目の加藤弦投手(23)=富士大=と岩佐政也投手(23)=仙台大=の“みちのくコンビ”が、ドラフト指名解禁のシーズンに臨む。チームは3年連続で日本選手権に出場しているが、都市対抗野球は3年連続で出場を逃している。両右腕は初の都市対抗出場と、プロ入りを目標に据えた。

<< 下に続く >>

 ドラフト指名が解禁となる大卒2年目。「チームも自分もやるしかない。どうしても結果がほしい」と加藤が力を込めれば、岩佐も「何もかもが勝負の年」と言い切った。

 富士大卒の加藤は昨季、新人ながら先発陣に食い込んだ。日本選手権の東北最終予選では2完投勝利を含む3連投。チームを本戦出場に導いた。

 しかし、本戦は優勝した三菱重工名古屋戦に先発し3回2/32失点。敗戦投手となり「全国では(打者)一巡が精一杯。球速を含めもっとレベルアップが必要」と力のなさを痛感。昨秋から、これまでやらなかった下半身中心の筋力トレーニングに取り組んでいる。

 一方、仙台大卒の岩佐は主に救援を務めた。仙台六大学リーグ通算22勝の右腕は「要所は抑えられたが、大事なところで先発できなかった悔しさがある」。投球時にスムーズな体重移動を行うため、下半身の柔軟性を上げる練習を徹底。「大学時代以上に球の質を上げる」と成長を誓った。

 加藤は1学年上の小野泰己が阪神、1学年下の鈴木翔天が楽天でプレーしている。「うらやましいし悔しいが、『必ずプロへ行く』と今が一番、野球に熱量がある」と闘志を燃やした。

 岩佐の仙台大の同期、馬場皐輔は昨年、阪神にドラフト1位で指名された。「大学時代は自分がエースだった。自分も野球人として上でやりたい」と、大きな目標を口にして自らを鼓舞した。

 勝負の2年目。入社後初の都市対抗出場が最低限の目標だ。「都市対抗で目立ちたい」と加藤が不敵に笑えば、「信頼される投手になり、大事な試合を任されたい」と岩佐。全国舞台で猛アピールし、夢舞台への切符をつかむ。(井上幸治)

加藤 弦(かとう・げん)

 1995(平成7)年9月23日生まれ、23歳。神戸市出身。櫨谷小2年から櫨谷狩場台少年団で野球を始める。櫨谷中、八重山商工高(沖縄)を経て富士大へ進み、2年春からベンチ入り。4年春、秋はいずれもリーグ戦MVPとベストナイン。リーグ戦通算9勝。JR東日本東北では昨秋の日本選手権で2試合に登板。180センチ、76キロ。右投げ左打ち。家族は両親、兄2人。

岩佐 政也(いわさ・まさや)

 1995(平成7)年4月4日生まれ、23歳。宮城・亘理町出身。山下二小1年から山二小少年野球クラブで野球を始める。山下中から柴田高(宮城)へ進み、高3夏の宮城大会準優勝。仙台大では1年秋からベンチ入りし、3年秋、4年春にベストナイン、4年秋にMVP。リーグ戦通算22勝。JR東日本東北では昨秋の日本選手権で1試合に登板。175センチ、65キロ。右投げ右打ち。家族は両親、弟。

PR