【球界ここだけの話(1532)】広島・長野、自主トレで使った復刻版の赤色グラブが話題 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【球界ここだけの話(1532)】広島・長野、自主トレで使った復刻版の赤色グラブが話題

更新

広島・長野  広島・長野久義外野手(34)が1月30日の先乗り合同自主トレでお披露目した赤いレトロなグラブが、オールド野球ファンの間で話題を呼んでいる。

<< 下に続く >>

 長野がアドバイザリー契約を結ぶスポーツ用品メーカー「ミズノ(大阪市住之江区)」の担当者は「長野選手が使用している赤色のグラブは同社の復刻版です。長野選手が使っていただいていることで、多くのお問い合わせがあります」と声を弾ませる。

 長野が巨人在籍中の昨年12月にミズノ復刻版の福本豊氏モデルを気に入って、購入した。さらに同復刻版の投手用と内野用を巨人・菅野と坂本勇にプレゼントした。3人がキャンプ前の自主トレで使用すると瞬く間に話題に。関東圏最大の旗艦店であるエスポートミズノ(東京都千代田区)では「長野選手が使用したグラブは先週の1週間で3つが売れました。1つ(約)4万円のグラブが1週間でここまで売れるのは珍しいことです」と証言する。

 長野のとりこにしたミズノ復刻版とは、1970年から80年にかけてスーパースターが愛用して人気を博したワールドウィンシリーズで当時「赤カップ」と呼ばれる赤の王冠マーク、初代の「M」マークを忠実再現。革もこだわり、当時の染色や加工技術を用いて、艶感のあるしっとりとした手触りとなっている。

 モデルは主に投手、内野、外野用。“世界の盗塁王”福本氏の赤グラブをはじめ、史上最高のサブマリンと称される山田久志氏の茶グラブ、巨人V9時代に壁際の魔術師と呼ばれた高田繁氏の青グラブなど個性あふれるカラーが勢ぞろい。現在受注生産は終了しているものの、エスポートミズノなどの旗艦店で購入することが可能となっている。

 先月23日の入団会見ではカープカラーの赤いネクタイを着用してカープファンの心をわしづかみにした長野。キャンプでは復刻版ではなく、公式戦で使用する黒のグラブを着用しているが、新天地でハッスルしている。(柏村翔)

PR