【八木裕 神眼スコープ】阪神・マルテ、ノーステップ打法で緩急に対応できるかが鍵 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【八木裕 神眼スコープ】阪神・マルテ、ノーステップ打法で緩急に対応できるかが鍵

更新

打撃練習をする阪神・マルテ=沖縄(撮影・森本幸一)  センター中心の打撃で球種や状況に応じて左右に打ち分ける。これがマルテの打撃だろう。タイプ的には中距離ヒッターで本塁打を意識するよりも安打を稼ぐ中で本塁打も出る、という姿勢でいい。首脳陣や周囲も本塁打に対する過度な期待は禁物。かえって打撃を崩す原因ともなる。

<< 下に続く >>

 日本球界の投手に対応できるかどうか。最大のポイントはノーステップで打っている今のスタイルで日本の投手の緩急や変化についていけるのかどうかだ。ノーステップ打法は今のメジャーリーグの主流の打ち方。変化球が高速で曲がりの少ないメジャーの投手に対応するためなのだが、日本の投手は変化球の球速が遅く、直球との緩急をうまく使う。緩急の差に対してノーステップ打法で打てるのか。今後のキャンプ、オープン戦に向けた最大にして唯一の鍵になる。

 実は昨季のロサリオもノーステップ打法だったのだが、緩急に翻弄され始めると左足をステップし始めた。それでも緩急についていけなかったことが不振の直接的な原因だった。マルテは日本の投手の緩急に対して粘れるのかどうか。対応できるなら打線の中軸を任せられるだろう。(サンケイスポーツ専属評論家)

PR