【八木裕 神眼スコープ】体格の割に飛ぶ近本、燕・雄平のような打者に - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【八木裕 神眼スコープ】体格の割に飛ぶ近本、燕・雄平のような打者に

更新

打撃練習する阪神D1・近本=沖縄(撮影・松永渉平)  近本の打撃を見て感じたのは、さすがに社会人野球でもまれていた選手だな…という印象だ。ドラフト1位ルーキーという注目度の高い異様な雰囲気の中でも自分を見失わず、落ち着いて取り組んでいた。

<< 下に続く >>

 特に良かったのは投球に対する“間”の取り方だ。スイングする前のトップを作る段階で、グリップを頭の左側にギュッと絞っている。こうすることでグリップの位置がそれ以上、後方に深く入らない。トップの位置が深くなると投球の緩急についていけなくなる。どんな球種に対しても柔軟に対応できる術を知っている。

 体格の割には打球もよく飛ぶ。スカウト陣に評価を聞くと「小力がある選手」と話していたが、まさに小力のある打撃ではある。しかし、理想を言うなら「小力」ではなく「大力」のある打者に成長して欲しい。タイプ的に見るならヤクルトの雄平が目標になるのではないか。もっともっと振り込んで、スイングスピードを身に付ければ、将来的には「虎の雄平」のような打者になれる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

PR