【八木裕 神眼スコープ】阪神・マルテ、体の前傾を保ちながら強く打っている - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【八木裕 神眼スコープ】阪神・マルテ、体の前傾を保ちながら強く打っている

更新

フリー打撃で力強いスイングをみせるマルテ。仕上がりの早さをアピールした(撮影・二星昭子)  連続写真を見る限り、構えはバットを肩に担ぐ感じで、力みはなくてリラックスしている。そこから小さいバックスイングと、ノーステップでタイミングを取っている。最近のメジャーでは多くの打者がバックスイングが小さくノーステップで、その中でマルテも準じている。

<< 下に続く >>

 打球をとらえるときも、頭をボールの後ろに残している中で、いいポイントでたたけている。外国人選手には多いが、体の前傾を保ちながら強く打っている。回転の中でフォロースルーをうまくとっている。

 米国での動画も見たことがあるが、どちらかといえば中距離打者だろうが、日本では本塁打も期待できる。まずは率を残していくようにすれば、本塁打も増えていくんじゃないか。昨年のロサリオも変化球に苦しんで、結果を残せなかった。いきなり30-40本は難しいだろうが、キャンプで日本の変化球にどうアジャストしていくかが課題だろう。 (サンケイスポーツ専属評論家)

PR