【球界ここだけの話(1524)】イチロー、3月に東京ドームで“日本凱旋” ファンはそのプレーを心待ちにしている - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【球界ここだけの話(1524)】イチロー、3月に東京ドームで“日本凱旋” ファンはそのプレーを心待ちにしている

更新

イチロー  イチローが日本でみることができる。米大リーグ、マリナーズは45歳の外野手とマイナー契約で正式に合意。昨季5月以降、「会長付特別補佐」というフロント職の肩書から、選手に復帰した。

<< 下に続く >>

 「これ、みなさん、よく50歳までという話をされることが多いかと思いますけど、僕は最低50歳までといつも言っているので、そこは誤解しないでほしいですね」

 昨年、3月。マリナーズに電撃復帰した入団会見ではそういって、意気込みを示していた。キャッチボールでは、遠投で強肩の健在を示した。走れば、ベテラン外野手よりもスピードを示せたのは盗塁王3度、昨季は30盗塁をマークしたディー・ゴードン外野手(30)くらい。加齢による衰えは、練習中からその動きで否定してきた。

 米球界19年目で初めてのマイナー契約。それでもメジャーキャンプには招待選手で参加し、日本での開幕戦にはベンチ入り枠が通常の25人から28人に拡大される特別措置があるため、メジャー選手として登録される見込み。スコット・サービス監督(51)も「スタメンかどうかは、まだ決めていない。でも、彼を日本で見られるということは間違いない」と出場を“確約”した。先発メンバー入りするかどうか、はキャンプとオープン戦での仕上がり具合によるだろう。

 「それ(日本での開幕戦)があることで明確に、遠いですけど、目標を持っていられるっていうのは、大きなことです」

 昨年5月。会長特別補佐に就任した際には、そう語っていた。それから10カ月後に迎える現役復帰を最大のモチベーションにしてきた。イチローが東京ドームで快音を響かせ、強肩で魅了し、衰えないスピードで疾走する姿を日本のファンは心待ちにしている。(山田結軌)

PR