【楽天ダイアリー】浅村を生かすキーマンは?/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【楽天ダイアリー】浅村を生かすキーマンは?/東北スポーツ

更新

ファンから熱い期待を寄せられる浅村(中央)。昨季の打点王を生かすキーマンは誰か!?   西武から浅村栄斗内野手(28)が入団。昨季127打点を挙げたパ・リーグ打点王を生かすには、誰がキーマンになるのだろうか?

<< 下に続く >>

 石井ゼネラルマネジャー(GM、45)は「浅村の力を引き出すには、その前後を打つ打者が大切。後ろは力がないと、浅村との勝負を避けられてしまう」と指摘した。

 仮に4番・浅村で固定。GMの言葉からすると3、5番に座る打者がキーマンだ。候補には、新加入のブラッシュ、実績からウィーラー、島内らの名前が挙がる。

 平石監督は「打線をどう組むかは悩ましい問題。うれしい悩みで、いろいろなバリエーションがある。故障者がでる可能性もある。キャンプとオープン戦を通して見極めたい」と頭を抱えた。

 チームとしては若手の台頭も期待したいところ。昨季新人王でブレーク中の田中は「1番・センターというポジションを全力で取りにいく。最低限の目標はシーズン143試合、全て出ることです」と鼻息が荒い。

 スイッチヒッターは、3年目の目標に、25本塁打、25盗塁を掲げた。「僕は三振が多い。1番打者としてはよくないが、当てにいくより振っていった方が、相手バッテリーにプレッシャーがかかる」と、従来の型に収まるつもりはない。

 チーム得点を上げるには、浅村の前に走者を置くこと。3、5番打者は大きな役割を求められるが、重要なのは打線のつながり。田中がダークホースとなれば、打線に化学反応を起こせる。 (広岡浩二)

PR