ヤクルトD2“中山きんに君”、58振12発!プホルスバットでカッキーン - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルトD2“中山きんに君”、58振12発!プホルスバットでカッキーン

更新

トス打撃をする中山。初の屋外フリー打撃では怪力ぶりを披露した (撮影・横山尚杜)  ヤクルトのドラフト2位・中山翔太外野手(22)=法大=が18日、埼玉・戸田の2軍施設で行われた新人合同自主トレで初の屋外フリー打撃を敢行。58スイングで12本の柵越えを放ち、持ち前の怪力を見せつけた。

<< 下に続く >>

 「普通ですよ。風もありましたので。こすったり、泳いだり…。自分の感覚ではない感じでした」

 ベンチプレス140キロを上げる“きんに君”のパワーは本物だ。本人は謙遜したが、低く強いライナーが両翼100メートルのフェンスを次々に越えていった。

 この日は初の屋外打撃練習。大学時代をよく知る橿渕スカウトグループデスクは「まだまだこんなもんじゃないですよ。きょうは力んでいましたね」と驚かない。パワー自慢の22歳も「もっと自分のイメージ通りの打球ができたら」とさらなる爆発を予告した。

 愛用するバットは通算633本塁打の米大リーグ、エンゼルスのプホルスモデルだ。米マルッチ社製のメープル素材で長さ86・3センチで重さは900グラム。先端が重い長距離打者用で簡単には使いこなせない代物だが、「大学2年から使っています。(プホルスは)すごい選手。それぐらいの選手になれるように頑張ります」と中山の掲げる目標もデカい。

 このオフは課題だった股関節の柔軟性を上げるためにひたすらストレッチを繰り返してきた。「守備にも打撃にも生きてくると思う」と得意の打撃で猛アピールし、燕の中軸を狙う。 (横山尚杜)

初の屋外フリー打撃にヤクルト育成D1位・内山(BCリーグ・栃木)「外で打ったほうが感覚をつかみやすいのでよかった。まだまだこれからです」

★ヤクルトD2位・中山翔太の怪力アラカルト

 ★生まれと球歴 1996(平成8)年9月22日生まれ、22歳。大阪府出身。履正社高では3年春センバツ準優勝。法大ではリーグ通算で打率・306、47打点。

 ★趣味 筋トレ。 

 ★ウエート ベンチプレス140キロ、スクワット250キロ。

 ★本塁打 高校通算10本、大学通算11本。

 ★食事 自ら栄養について学び、法大時代は炭水化物を中心に1日6食。

 ★自信のある部位 上腕二頭筋。

 ★明治神宮外苑創建90年奉納試合 2016年に法大2年ながら2二塁打で猛打賞の活躍。

 ★サイズなど 185センチ、95キロ。右投げ右打ち。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

PR