ヤクルトD2・中山、一塁初練習 登録は外野手 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルトD2・中山、一塁初練習 登録は外野手

更新

期待のヤクルト・中山は、ミットを手に一塁守備にもついた(撮影・横山尚杜)  ヤクルトのドラフト2位・中山翔太外野手(22)=法大=が17日、埼玉・戸田球場での新人合同自主トレーニングで、外野に加えて一塁でもノックを受けた。

<< 下に続く >>

 「大学では一塁の方が多かったし、戸惑いとかはなかったです。どっちでもしっかり準備していきたい」

 プロ入りして外野手登録となったが、法大では主に一塁を守っていたこともあり、自前のファーストミットで軽快にゴロをさばいた。その後は外野でもノックを受けた。ヤクルトの外野陣は青木、バレンティン、雄平らがおり激戦区。一塁も坂口らとの争いになるが、複数のポジションを守れれば、東京六大学リーグ通算で打率・306、11本塁打の成績を残した打撃を生かすチャンスが増える。

 合同自主トレは第3クールを迎え、中山は「足がパンパンです…」と言いながらも、充実の表情。春季キャンプは1軍(沖縄・浦添)スタートが濃厚となっている大砲は、貪欲にレベルアップを目指す。(横山尚杜)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

PR