JR東日本カルテット、少し気が早いですが…今秋ドラフトへ覚えておいて - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

JR東日本カルテット、少し気が早いですが…今秋ドラフトへ覚えておいて

更新

ドラフト候補の(右から)太田、糸野、山口、西田 (撮影・赤堀宏幸)  今秋のドラフト指名候補に、社会人野球JR東日本の4選手がリストアップされていることが4日、分かった。190センチの右腕・太田龍投手を筆頭に西田光汰投手、山口裕次郎投手、糸野雄星内野手。高卒3年目で“ドラフト指名解禁”となるだけに、プロ球団から注目を浴びている。

<< 下に続く >>

 鹿児島・れいめい高時代から逸材として知られていた太田は「真っすぐは自信があるので、変化球の精度を上げ、目標の都市対抗優勝へ、自分が引っ張っていく」と誓う。直球の最速は153キロ。長身を生かした角度もある。

 西田は最速147キロの右腕。「自分は野球で生きていくしかない。気合、投げっぷりでは、誰にも負けたくない」と言い切る。広島・野村をイメージした投球で、先発型を描いている。

 左腕の山口は、大阪・履正社高時代に寺島(現ヤクルト)と2本柱で活躍。ドラフトで日本ハムに6位指名されたが入団せず、社会人に進んだ。「体力作りからやってきて、次は3年目。寺島から、プロはどんな感じか聞いているので、自分がどうしていけばいいかは考えている」という。

 糸野も注目の内野手。すでに同世代が活躍するプロの世界を見据える。 (赤堀宏幸)

PR