大谷所属のエンゼルス、2度球宴選出のベテラン捕手を獲得 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大谷所属のエンゼルス、2度球宴選出のベテラン捕手を獲得

更新

 米移籍情報サイト「MLBトレードルーモア」は28日(日本時間29日)、大リーグ、エンゼルスがアスレチックスからフリーエージェント(FA)となっていたジョナサン・ルクロイ捕手(32)と総額335万ドル(約3億7500万円)の単年契約で合意したと伝えた。関係者の情報によると、すでにチームの身体検査も終えているという。

<< 下に続く >>

 今季、ア軍に所属したルクロイは、126試合に出場し、打率・241、4本塁打、51打点だった。9年のメジャーキャリアで通算打率・277、100本塁打を誇り、バッティングのいい捕手として知られ、オールスターにも2度出場。来季はエ軍の正捕手として期待される。

 エ軍に所属する”二刀流”大谷翔平投手(24)は、10月に右肘の靱帯(じんたい)再建手術をうけたたため、来季は“投手・大谷”を封印し、打者に専念する予定。エ軍がそのままルクロイと契約延長すれば、20年に投手復帰予定の大谷の女房役を務める可能性もある。

PR