大谷所属のエンゼルス、FA注目左腕カイケルの獲得競争から撤退か - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大谷所属のエンゼルス、FA注目左腕カイケルの獲得競争から撤退か

更新

ダラス・カイケル  米大リーグ公式サイトは23日(日本時間24日)、関係者の情報として今オフのフリーエージェント(FA)市場の注目先発投手、ダラス・カイケル投手(30)の獲得に4チームが興味を示していると伝えた。

<< 下に続く >>

 米「ボストン・グローブ」紙記者の最新情報によると、カイケルの獲得には今オフ、大型補強に積極的に動いているフィリーズ、エンゼルス、ブルワーズ、レンジャーズが興味を示しているという。

 しかしすでにコンタクトしたしたといわれている大谷翔平投手(24)所属のエンゼルスは先週、マット・ハービー(29)、トレーバー・ケーヒル(30)の2人の先発投手と立て続けに1年契約で合意。来年の2人の年俸合計は、出来高を含まずに2000万ドル(約22億円)の上るため、資金面を考慮するとカイケルの獲得争いから手を引くのでないかと指摘した。

 2012年にアストロズでメジャーデビュ―を飾ったカイケルは、14年に12勝をマーク。翌15年には20勝8敗でア・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝き、チームのエースに成長を遂げた。今季も12勝11敗、防御率3・74の成績で、ア軍の2年連続地区優勝に貢献した。

PR