イチロー&金本も超えた!ソフトB・柳田、現役日本野手最高5.7億円 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

イチロー&金本も超えた!ソフトB・柳田、現役日本野手最高5.7億円

更新

来季の目標はリーグMVP!! 契約を更改した柳田は笑顔で“バット”を振った (撮影・加藤孝規)  ソフトバンク・柳田悠岐外野手(30)が21日、ヤフオクドームの球団事務所で契約更改交渉に臨み、3年契約の2年目となる来季を年俸5億7000万円プラス出来高払いでサインした。3年契約は年俸変動制で4億円と推定されていた今季は5億円だったことが判明し、7000万円のアップ。日本選手の球団史上最高額で、現在の球界の野手トップだ。来季は打率・300、40本塁打、100打点がノルマ。パ・リーグMVPを目標に掲げた。

<< 下に続く >>

 グレーのスーツと黒のネクタイで決めた柳田が、さらりといってのけた。「5・7になりました」。年俸5億7000万円と明かした。

 「本当に高い評価をしてもらいました。もちろん満足です。やることは変わらないけど、責任感はあります」

 打率・352で3年ぶりの首位打者に輝き、36本塁打と102打点は自己記録を更新。出塁率・431は4年連続のタイトルだ。鷹の日本選手では、松中信彦と城島健司の5億円を抜く過去最高額で、現在の12球団の野手トップ。歴代でも2002年の松井秀喜の6億1000万円、14年の阿部慎之助(ともに巨人)の6億円に続く野手3位にランクインした。

 球団からは今季の成績について、「申し分ない数字」と称賛された。それでも「3割、40本、100打点。そこをクリアしたい」とさらなるキャリアアップを宣言。さらに、「チームの優勝に貢献してMVPをとりたいです。優勝しないと難しいタイトルなので」と最大の目標も口にした。

 トリプルスリーを達成した15年以来の栄誉は、今季リーグ2位のチームの逆襲とイコールだ。「全試合に出れば数字は残る」と14年以来の全試合出場が第一歩。阪神・糸井、オリックス・吉田正らと例年はグアムで始動した1月だが、来年は沖縄からスタート。「やっぱり日本が好き」とギータ節で明かすと、自覚を示した。

 「日頃の行いが大事。節制とか早寝早起きとか、そういうところから」。巨人・菅野が歴代最高に並ぶ6億5000万円で契約したが、無限の可能性を秘めたギータなら、真の頂点も視界に入る。 (安藤理)

契約更改へ

PR