【八木裕 神眼スコープ】阪神、外野手争い激化 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【八木裕 神眼スコープ】阪神、外野手争い激化

更新

阪神・高山  高山は今季、プロの壁というか、プロでやっていくことの難しさを感じたと思う。強く打って遠くに飛ばす方向性でやってきたのだろうが、自分のバッティングを見失ったところがある。

<< 下に続く >>

 監督やコーチの指導や方向性に順応しないといけない気持ちもあったのだろうが、振るということを一番大事に考えていたから、スイングが強引になってしまっていた。投手側の壁が崩れているようにみえた。右肩が開き、ボールから目が離れるのが早くなっていたように思う。

 高山は本塁打を狙いにいくタイプの打者ではない。バットコントロールがよく、打率を残しながら本塁打がたまに出るのがもともとのスタイル。来季は打率を求めて、シュアなバッティングを心がけていくことになるだろう。

 ドラフト1位の近本も入ってきて、外野手の競争は激しくなってくる。存在感をみせるためには、自分のバッティングを取り戻さないといけない。 (サンケイスポーツ専属評論家)

PR