阪神・高山、原点回帰更改「体制変わったし自信ある」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・高山、原点回帰更改「体制変わったし自信ある」

更新

契約更改交渉後に記者の取材に応じる高山。新政権でイチから出直す(撮影・安部光翁)  阪神・高山俊外野手(25)が26日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、600万円減の年俸3200万円でサインした。打撃改造に失敗した今季は1本塁打に終わり、2軍暮らしを長く経験。矢野燿大監督(49)のもとで巻き返す来季に向けて「体制が変わったし、自信がある」と言い切り、打撃スタイルの原点回帰を誓った。植田海内野手(22)は850万円増の年俸1400万円でサインした。

<< 下に続く >>

 視線を落とさず言い切った。チームが変わる今だから、高山も変わる。3年目を終えて突きつけられた600万円ダウン。来季の抱負を問われ口をついたのは意外にも「自信」だ。

 「思うことはたくさんありますけど、体制も変わりましたし、来年は自信はあります。もうそれしかないです」

 会見の冒頭で、アップかダウンかを問われると「どう思いますか?」と逆に問い、笑みを浮かべる余裕すら見せた。「打率・172、1本塁打、14打点」。この数字でこの会見場に座れば、大抵の選手は悔しさ、危機感ばかりを口にする。だが高山は違った。年俸の話というより、「決意表明」のために来たようだった。

 「矢野さんと2人で話す時間もありましたし、もう1回、自分のスタイルで勝負しよう、というか。そういう気持ちでキャンプを迎えて、終えて。またそういう気持ちで、今も練習しているので。いい方向に行くんじゃないかなと思います」

 D1位で入団した2016年の春季キャンプは2軍スタートも、掛布2軍監督から「スイングがきれい。想像を超えていた」と絶賛された。同年に打率・275、8本塁打、65打点で新人王。だが、シーズン終了後に金本監督から“20本塁打指令”を受け、長打力も兼ね備えようとしたが、つまずいた。

 打つポイントを前に置きつつも、軸足にしっかりと体重を残して回る打撃が理想だったが迷路へ。今季は過去3年で最低の成績に終わり、2軍生活も長かった。一気に転げ落ち、変わるしかなかった。

 「自分の中で今シーズンとか去年とは違うのは、その方向性を定めていけるというのが一番強い。僕もこれで勝負できるかなというのがある」

 この日交渉にあたった谷本球団副社長も笑顔で「高山の給料は上げたいんや、と言うておきました。中心になってやってもらわないといけない選手、と伝えました」と、交渉の席でのやり取りを明かした。

 「自分の中で課題と向き合った秋季キャンプもできた。また、いいところを伸ばすということもね。自信はありますけどね。来年は」

 もう失うものはない。高山が“原点回帰”でよみがえる。 (長友孝輔)

★高山の阪神入団からの3年間

 ドラフト1位で入団した2016年は134試合に出場し、打率・275、136安打、8本塁打、65打点をマークし、新人王を獲得。2年目の2017年は不振のため8月にプロ入り後、初めて2軍落ちを経験。成績も103試合出場、打率・250に終わった。今季は3度の2軍降格を味わい、出場45試合、打率・172という3年間で最低成績だった

契約更改へ

PR