【会見詳報(7)】大谷「今年くらい結果が出ずにシーズン入っていくということなかった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【会見詳報(7)】大谷「今年くらい結果が出ずにシーズン入っていくということなかった」

更新

帰国後初の記者会見で笑顔を見せるエンゼルス・大谷=東京・内幸町の日本記者クラブ  米大リーグで今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に輝いたエンゼルスの大谷翔平(24)が22日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見した。以下は会見詳報。

<< 下に続く >>

 --初登板前どういう不安を抱えていたのか。今後投手として復帰するなかでどういう課題もって取り組んでいきたいか

 「毎年あまりオープン戦の結果がすごくいいということないが、それでシーズン入っていって、最初の登板、初打席で結果が出るかなというのは毎年不安に思って入るというのはほぼ、どの選手も一緒じゃないかなと思う。

 今年くらい結果が出ずにシーズン入っていくということなかったので、そういう点では打撃もそうですが、投手の方が特に不安が多かったなと思います。

 復帰した後は、より負荷少なく効率よく投げるというのが一番かなと思いますが、平行して全体的にレベル上げていかないとなかなか結果が伴ってこないと思う。今のうちからできることはたくさんあると思いますし、マウンドに立たなくてもできることはなる。そういったところを復帰したときに実践できればなと思っています」

 --久々の日本でやりたいこと

 「おいしいおすしを食べたいなと思っています。やりたいことに関しては特にないが、今はリハビリのこと優先しなければいけない時期。アメリカにいても日本にいてもそこに集中していくのが大事かなと思っています」

 --自炊は? 

 「自炊に関しては本当に軽くオムレツ作ったりその程度。昼と夜に関しては食事も出るので、食事に関しても渡米前は不安持っていたが、思ったより普通に過ごせたかなと思う。来年に向けてそこは不安なく入れるかなと思う」

 --勝負メシは

 「特にないです」

 --ベーブルースに関して、具体的にどんな選手か知ったり聞いたりしたことあったか。

 「比較されるようになってから数字がよく出るので、もちろん素晴らしい選手と理解していましたが、どこがどうすごかったのかはあまり理解できていないと思う。数字よく目にするという意味ではそこが違うかな。投手としてより打者の印象の方が強い。なかなか本塁打でない時代のなかであれだけ数多くの本塁打出るというのはとてつもなくすごいことだと思う。

 時代代表するような選手という意味では目指すところじゃないかなと思う。いち選手としてより高いレベルでプレーしたいなとは思っています」

 --水原通訳いるが感謝のメッセージは

 「ありがとうございました」

 --水原通訳は?

 水原氏「ありがとうございます」

 --英語の方は上達している?

 水原通訳「聞き取る方はすごいなと思っていますし、これからしゃべる方もどんどん上達して通訳も必要なくなるんじゃないかと思います」

 --5月と7月になかなか打球上がらない時期あったが8月以降13本塁打。その部分にはチームのデータ分析の助言受けてフォーム修正していたのか、自分のなかでやっていたのか

 「どちらもありますし、自分で感じていた部分、客観的にコーチから見てアドバイスいただいたりもあったたが、カードも変われば相手の攻め方も変わる。数十打席の単位で傾向を出してまた次の配球パターンになったりとかはかなりあるので、特に一年目プレーしたからそういのも多かったのかなともある。

 相手のデータを上回っていく読みをするとか、単純にメカニクス安定させることだったり一つではないが、シーズンのなかで少しずつ修正できたかなと思っています」

 --数字的に満足している? 来年の数字の目標は

 「満足はもちろんしていないですし、全体的な打席数、登板数とか量がかわってくれば数字も変わってくる。来年は打者でいくことにはなると思うが、復帰時期が明確に予想できないので全体的な量が分からないので数字は出せない。数字ではないですが、ポストシーズンに行きたいなというのは今年一年で強くなっている。まずはそこを目指して頑張りたいなと思います」

 --(岩本氏)右足首は

 「右足首は万全です」(おわり)

【会見詳報(1)】大谷、イチローにアドバイス求める「一番経験されてきた方にお話を伺いたいなと」

【会見詳報(2)】大谷「上にいけばいくほど人間的に素晴らしい選手多いなと感じます」

【会見詳報(3)】大谷「実際に行ってみたらすごくレベルも高かったです」

【会見詳報(4)】大谷、サイレントトリートメントに「嫌われているのかなと思ったが…」

【会見詳報(5)】大谷、二刀流「自然の流れのなかでどちらかになる可能性はあると思いますが…」

【会見詳報(6)】大谷「個人的には神話のなかの人物だろうなと思うくらい」

【会見詳報(7)】大谷「今年くらい結果が出ずにシーズン入っていくということなかった」

PR