大谷翔平が帰国後第一声、結婚は「全くもってないので…」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大谷翔平が帰国後第一声、結婚は「全くもってないので…」

更新

日本記者クラブで記者会見に臨んだエンゼルス・大谷=東京都千代田区・日本記者クラブ(撮影・大橋純人)  米大リーグで今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手(24)が22日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見した。

<< 下に続く >>

 今季は右肘の故障の影響から投手として4勝2敗、防御率3・31。一方で打者としては打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁と活躍した。大谷は1年間を振り返り、「色々なことありましたが、すごく充実して楽しい1年を送れたかなと思っていますし、最後終わってみたら、いろいろいいシーズンだったなと思う」と総括。

 10月に受けた右肘の靱帯(じんたい)再建手術の術後の状態については、現在はランニングを含めた有酸素運動や体幹トレーニングをしていることを明かし、「すごく順調ですし、約2カ月弱ですが、日常生活についても最初の1カ月くらいは右手使えなくて苦労しましたが、今は不自由することはない。今は(手術を)やってよかったと思っていますし、これから先もそう思えるようなリハビリの課程を踏めればなと思っています」と話した。 

 会見は約1時間の間、質問が数多く飛び交い、プライベートでは結婚の予定に関して聞かれ「結婚に関しては全くもってないので…」とはにかむ姿も見られた。

PR