【新人王一問一答】大谷、イチローは「憧れのような選手」 右肘は「順調」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【新人王一問一答】大谷、イチローは「憧れのような選手」 右肘は「順調」

更新

エンゼルス・大谷  米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑んだ大谷翔平(24)が12日、今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に選出された。日本選手で1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となった。大谷の一問一答は次の通り。(共同)

<< 下に続く >>

 ――ベーブ・ルースと比較された中での受賞。

 「賞をいただけたことは光栄だし、素直にうれしい。レベルの高い中で1年間やってこられたことがいい経験になった」

 ――日本選手ではイチロー以来だが。

 「子どもの頃から見てきた、憧れのような選手なので」

 ――自分ではもっとできると思っているか。

 「内容は別として(故障のため)フルに出られたわけじゃない。フルで出るのが一番チームに貢献する上で大事。そこをこれから先、やれるようにしたい」

 ――今季の成績は投打のどちらが誇らしいか。

 「数字的に見れば投手より打者で貢献できたのかなと思う。大事な時期に投手で抜けてしまったのは心残り」

 ――自身のキャリアでこの賞の位置付けは。

 「(キャリアは)この先の方が長いと思うので、そこでもっといい活躍をできるように、また来年に向けて頑張りたい」

 ――右肘手術後の経過。

 「すごく順調に来ていると思っている。来季に向けてもっともっと、いい状態に上げられるように頑張りたい」

PR