西武・炭谷、巨人有力!FA宣言「体的にも勝負できる状態」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

西武・炭谷、巨人有力!FA宣言「体的にも勝負できる状態」

更新

炭谷がFA権行使を表明。宣言残留も求められる中、巨人が移籍先の有力候補となった (撮影・塚沢健太郎)  西武・炭谷銀仁朗捕手(31)が8日、埼玉・所沢市の球団事務所で記者会見を行い、海外フリーエージェント(FA)権の申請書類を日本野球機構(NPB)に提出したことを明らかにした。今季は47試合の出場にとどまったが「体的にも勝負できる状態にある」と自信。“宣言残留”の可能性も残す中、移籍先の有力候補に巨人が浮上した。

<< 下に続く >>

 主将の浅村に続いて、扇の要を務めてきた炭谷もFA権行使を表明した。

 「残留も考えているが、行使することを決断した。他球団の評価も聞いてみたい」

 炭谷は2014年に国内FA権を取得したが、正捕手を務めていたこともあり、これまで行使してこなかった。だが、チームは今季からくっきりと23歳と若く、打力のある森を育てる方針に切り替わっている。

 今季の先発マスクは森の74試合に対し、41試合。「30歳を超えたし、FAのタイミングとしてはこれが最後」と決断に至った。会見では「何が決め手になるか分からない」と話す一方で、「1年でも長く野球をやりたい。戦う心を忘れたら選手としては終わり。体的にも勝負できる状態にある」と、横一線で正捕手を争う環境を求めることを熱く語った。

 西武側は、複数年契約を提示し、“宣言残留”の可能性も残している。だが、移籍となれば、水面下で調査を行っていた巨人が有力となった。同じく調査を進めていた楽天はここにきてトーンダウン。捕手強化を目指していた原巨人にとっては経験豊富な炭谷を獲得できれば、小林、大城、宇佐見らとのハイレベルな定位置争いが展開ができる。

 「納得できるまで考え、自分にとって一番いい形になればいい」と炭谷。他球団との交渉解禁は15日。残りわずかの時間で熟考し、最終決断を下す。 (花里雄太)

FA有資格選手へ

ランキング

PR