阪神2軍、平田監督初陣飾った!高山&江越が一発 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神2軍、平田監督初陣飾った!高山&江越が一発

更新

九回、ベンチで長坂の決勝打を見つめる平田2軍監督(左)。初陣を白星で飾った  新体制で白星発進だ。阪神2軍は23日、「みやざきフェニックス・リーグ」の韓国・斗山戦(生目第二)に4-3で勝利した。平田勝男2軍監督(59)が指揮を執っての“初陣”で高山俊外野手(25)、江越大賀外野手(25)に本塁打が飛び出すなど、接戦を制した。

<< 下に続く >>

 気合十分で臨んだ“初陣”で白星発進を決めた。試合後、平田2軍監督が満面の笑みで振り返った。

 「勝ち負けは関係ないにしてもさ、やっぱり気分はいいもんだよ。(選手たちから)いいところを出そうという気持ちが伝わるよ」

 先制を許し、2度の勝ち越しも許したが、そのたび追いついたのは“教え子”たちの一発だ。前日22日に、宮崎に到着即個人面談をおこなった指揮官。中でも「ボール球を振らないというのではなくて、甘い球を打つ」と金言を授けた江越が、八回に左中間へ本塁打。江越本人も「これを続けていきたいです」と手応えをにじませた。

 「あと6試合、何とか選手のモチベーションを持続させながら、ちょっとでもなんかのきっかけをつかませないと」

 面談効果でつかんだ初星。平田イズムをぐんぐん注入して、若虎たちに磨きをかけていく。 (箭内桃子)

PR