【ダンカン】阪神、大暗黒時代に突入したような嫌な予感 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【ダンカン】阪神、大暗黒時代に突入したような嫌な予感

更新

あいさつで一礼する阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・岡田茂)  (セ・リーグ、阪神2-1DeNA、25回戦、阪神17勝8敗、10日、甲子園)よっしゃア! 本拠地甲子園最終戦の勝利! 終わりよければ、全てよしー!! てな訳にいくかい、この最下位タイガース!!

<< 下に続く >>

 平成で12球団唯一、日本一になれなかった(広島は今年まだ望みあり)阪神が年号がいくつ変わろうが、永遠に勝てない大暗黒時代に突入したような嫌な予感がしているのは俺だけですか?

 全ての流れが変だ! 例えば3億4000万円の史上最強助っ人だったはずのロサリオはわずか8本塁打で2軍生活(DeNAのソトなんて3500万円で41本塁打だよ!!)。とにかく流れを、虎の生態を完璧に変えることからスタートしないと堂々巡りのBクラス地獄が続くでぇ!!

 噂では来季は2000安打達成の和田一浩氏を打撃コーチに招聘(しょうへい)するらしい…。左の打撃コーチだけの阪神にはいいことだろうし、和田氏は事実、現役時代に大打者であったのだ。ただし、あの打ち方は独自のモノ。もちろん好結果を願うが、もし俺ならオーソドックスな打撃で8度、打率3割を、そして首位打者にも輝いた元ヤクルトの古田敦也氏を迎えたい!! ま、来てはくださらないだろうけど、配球をよんで打つのは、一石二鳥なんだけどなあ…。

試合結果へ

PR