由伸巨人、3位キープも再び自力CS進出消滅…「あの回だけ」メルセデス六回4失点 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

由伸巨人、3位キープも再び自力CS進出消滅…「あの回だけ」メルセデス六回4失点

更新

中日に敗れた高橋監督は、足早にロッカールームへ引き揚げた (撮影・矢島康弘)  (セ・リーグ、巨人2-4中日、25回戦、巨人16勝8敗1分、17日、東京D)巨人は17日、中日最終戦(東京ドーム)に2-4で敗戦。3位は変わらないが、最下位・阪神とのゲーム差が1・5となり、再び自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。

<< 下に続く >>

 「(ガルシアに)思うようなバッティングをさせてもらえなかった。いい投手だし、ボール自体もよかったのかな」

 高橋監督は相手左腕に脱帽した。Aクラス死守が絶対条件の中、11日からの7連戦で1勝5敗1分け。今季の地方開催を含めた主催試合での負け越しが決まった(30勝36敗1分け)。

 五回まで無失点投球だった先発のメルセデスは六回につかまった。福田に3ランを浴びるなど4失点し、この回で降板。4敗目を喫した左腕は「五回まではいい感じでテンポよく、いつも通りの投球ができた。六回だけミステークだった。(本塁打は球が)真ん中に入ってしまった」と悔やんだ。

 「(メルセデスは)あの回だけですね。最後にもうひと粘りしてほしかった」と指揮官。レギュラーシーズンは残り10試合。ここが踏ん張りどころだ。 (吉村大佑)

低調な打線に巨人・村田ヘッド兼バッテリーコーチ「早いうちに、もうちょっと点を取らないと勝てない」

試合結果へ

ランキング

PR