【ダンカン】CS3つ目のイスを争っての戦い ひと際レベルの低さ見せつけた虎 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【ダンカン】CS3つ目のイスを争っての戦い ひと際レベルの低さ見せつけた虎

更新

6回、選手交代を告げた阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)  (セ・リーグ、阪神0-4ヤクルト、20回戦、10勝10敗、14日、甲子園)ガリガリ! ツンツン! 痛て、痛てててー! 燕(ヤクルト)と兎(巨人)を捕らえそこねてへたれ込んでいたら、竜(中日)と星(DeNA)が尻噛んだり、つっついたりしとるやんけー!

<< 下に続く >>

 しかし、なんだー? 3位巨人から最下位のDeNAまで2・5ゲーム差という、CS3つ目のイスを争っての、史上最高に激しく、史上最悪にレベルの低い戦いは!?

 そんな中でひと際レベルの低さを見せつけた(?)本日の阪神!!

 この必死の状況において、あわやパーフェクトを食らいそうな2安打無四球の完封って、ないない!! 一生懸命やってんだから、責められないとはいえ、この大切な時に斬り込み隊長の北條が負傷退場で斬り込まれて、どないすんねん!! どうか、大けがでありませんように…。

 大体、何で先発マスクを梅ちゃんから坂本にしたんや? 確かにこのところ小野-梅野はやられているかもしれないけど、やられてるからこそ2人で克服させなきゃ、いつまでも同じ壁の前で立ち止まっとるでー!! しかも、得点力の弱い阪神だけど、梅ちゃんは打撃が上向いていたのにさ…。金本は~ん、前大統領のオバマさんじゃないんだから、「チェンジ」もうやめたって~!!

試合結果へ

PR