【巨人・杉内引退、新旧同僚ら惜別】巨人・阿部「もう一度投げる姿を見たかった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【巨人・杉内引退、新旧同僚ら惜別】巨人・阿部「もう一度投げる姿を見たかった」

更新

セ・パ交流戦対楽天、無安打試合を達成し阿部(手前)と抱き合って喜ぶ巨人・杉内=2012年5月30日、東京ドーム  巨人・杉内俊哉投手(37)が12日、東京都内のホテルで記者会見し、現役引退を表明した。

<< 下に続く >>

巨人・阿部「もう一度投げる姿を見たかった。(チェンジアップは)2度、空振りできるかなと思うくらい(球が)来なかった」

巨人・内海「ライバルだったかもしれないが、そういう気持ちもなかった。ああいうふうになりたいと、背中を追いかけさせていただいた存在」

巨人・坂本勇「19歳の時の初対戦でこんな投手をどうやって打つんやと思った。左投手でそんなことを思ったのは、杉内さんだけ」

巨人・菅野「公私ともにお世話になった先輩。いつも自分の投球結果を気にかけてくれていた。さみしい」

ダイエー時代に同僚だったロッテ・井口監督「きのう(11日)連絡をもらいました。同じユニホームを着て野球ができたときはしっかり投げていたし、対戦したときは嫌な相手でした。彼らも引退する年代なのか、と感じた」

自身がダイエー時代につけていた背番号47を杉内が入団時に希望してつけたことにソフトバンク・工藤監督「同じ左投手で身長や体格も似ている。強いホークスの礎を築いてくれた」

ソフトバンク・松田宣「2011年に一緒に日本一になったことが一番の思い出」

ソフトバンク・長谷川勇「言葉は少ないが、マウンドで引っ張る姿があった。ポジションは違うけど、いい見本になった」

杉内の1学年上のヤクルト・石川「大学の時に(シドニー五輪の)全日本で一緒だった。日本を代表する左腕。杉内が頑張っているから、僕も頑張ろうと思えた」

鹿児島実高の後輩にあたる西武・野田「小学生のときから追い続けていた。寂しいけれど、次は自分が追われるような選手になりたい」

ランキング

PR