国学院大が先勝 プロ注目右腕・清水が1失点完投/東都 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

国学院大が先勝 プロ注目右腕・清水が1失点完投/東都

更新

国学院大・清水昇投手は、立正大1回戦に先発した(撮影・赤堀宏幸)  東都大学野球秋季リーグ第2週第1日(11日、神宮)1回戦2試合が行われ、国学院大は立正大を3-1で下し、中大は亜大に5-3で逆転勝ちした。国学院大は今秋のドラフト候補右腕、清水昇投手(4年)が1失点で完投勝利。中大は吉田叡生(としき)外野手(4年)の決勝打で今季初勝利を挙げた。

<< 下に続く >>

 最速151キロの右腕、国学院大・清水が3安打1失点の完投で初戦勝利に導いた。完封目前の九回一死で立正大の4番・伊藤裕に左越え本塁打を浴びたが、「五回を終わってノーヒットだとわかったけど、走者は出ていたので意識はしなかった。最後は真っすぐで勝負した」と納得顔。鳥山監督は「エースの役割を果たしてくれた」と目尻を下げた。

試合結果へ試合日程へ

ランキング

PR