大谷、来季以降救援の可能性問われ「準備はしたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大谷、来季以降救援の可能性問われ「準備はしたい」

更新

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は11日、本拠地アナハイムで野球専門チャンネル「MLBネットワーク」に出演した際、来季以降の救援登板の可能性を問われ「何試合か日本である。任されたところで、しっかり仕事ができる準備はしたい」と答えた。

<< 下に続く >>

 メジャー1年目の今季、投手では先発、野手では指名打者でプレーしている。今後守備に就く可能性には「プロに入って、ちょっとだけショートを守ったが、すぐにクビになったので恐らく内野手はもうないだろうな」と語った。

 右肘靱帯に新たな損傷が発覚した直後に2本塁打など4安打した5日の試合は「僕もそうだったが、周りの人がすごく落ち込んでいた。何とかいい活躍がしたいなと思っていたので、すごくうれしかった」と振り返った。(共同)

ランキング

PR