広島、連敗6で止めM7! 七回に丸の適時打など勝ち越し - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

広島、連敗6で止めM7! 七回に丸の適時打など勝ち越し

更新

8回、満塁のチャンスに走者一掃の適時二塁打を放つ広島・菊池=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)  (セ・リーグ、広島7-2DeNA、20回戦、広島11勝8敗1分、12日、マツダ)広島はDeNAに快勝し、連敗を6で止め、優勝へのマジックナンバーを7とした。同点で迎えた七回に丸佳浩外野手(29)の適時打などで3点を勝ち越し、八回にも3点を入れ逃げ切った。

<< 下に続く >>

 広島は1-1で迎えた七回に主軸打者が勝負を決めた。DeNAの2番手・エスコバーを攻め、一死三塁とすると、丸の右前適時打で勝ち越し。さらに鈴木の中越え適時三塁打、松山の右前適時打で4-1とした。

 八回には一死満塁で菊池が左中間に3点二塁打を放ち7-1とした。リードを広げると九回に中崎が1点を失ったものの、試合を締めた。

試合結果へ

ランキング

PR