【楽天ダイアリー】楽天・安楽、11日恩返し今季初登板/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【楽天ダイアリー】楽天・安楽、11日恩返し今季初登板/東北スポーツ

更新

復帰戦を前にした10日の安楽。表情も引き締まってきた(撮影・土谷創造)  楽天・安楽智大投手(21)が、11日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)に先発する。

<< 下に続く >>

 「チャンスを頂いたので、精いっぱいやってきたことを出したい。2軍では出せなかったことも、1軍では出せるかもしれないので頑張ります」

 今春の沖縄・金武キャンプ中に右肩を痛め離脱。2年連続で開幕ローテーションから外れ「今年は落ち込む期間が長かった。もう1軍では投げられないと思った」と苦悩した。

 それでも諦めず、投球練習を7月中旬から再開。「怖いままだった」と患部をかばい、利き腕の振りが小さくなっていたが、地道な努力で本来の躍動する投球フォームを戻した。

 イースタン・リーグでは17試合(86回2/3)に登板。「試合に投げた次の日に肩が痛いというのが続いた」と苦しみながら4勝3敗、防御率3・84をマーク。シーズン大詰めになった、ようやく1軍から声がかかった。

 助けてくれたのはチームメート。1学年上の松井から食事に誘ってもらい、「これから頑張ろう」と励まされた。「島内さんにも声をかけていただき、そういったことに救われました」と続けた。

 平石監督代行は「もともと開幕から先発ローテーションに入らなくてはいけない投手。彼の意地を見てみたい」と期待する。来季につなげるためにも、今季初白星をつかみたい。 (広岡浩二)

ランキング

PR