【試合結果】日本、七回コールドで中国下し3位! 来年のU18W杯の出場権を獲得/U18アジア - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【試合結果】日本、七回コールドで中国下し3位! 来年のU18W杯の出場権を獲得/U18アジア

更新

1回、投球する柿木蓮=KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・水島啓輔)  U18アジア選手権(10日、日本14-1中国=七回規定によりコールド、サンマリン宮崎)日本は3位決定戦で中国を七回コールドで下し、来年に行われるU18W杯(韓国)の出場権を獲得した。日本は1-1で迎えた二回に小園海斗内野手(3年)=報徳学園=らの連続適時打で勝ち越し。その後は六回まで毎回得点でコールド勝ちを決めた。投げては一回途中からリリーフした柿木連投手(3年)=大阪桐蔭=が5回1/3を投げ、無失点と好投し、勝利を引き寄せた。

<< 下に続く >>

 日本は一回、先発の板川(横浜)が一死一、二塁とされると、中越え適時二塁打を浴び、中国に先制を許した。日本はここで2番手・柿木(大阪桐蔭)を送った。その裏、無死一、三塁とすると中川の一ゴロ併殺の間に走者が生還し、同点とした。

 日本は二回、二死一、三塁から日置、小園の連続適時打が飛び出し3-1とした。三回には無死満塁とすると、野尻の遊ゴロの間に4点目。なおも一死一、三塁で相手の二塁手が適時失策し5-1とした。四回には無死二、三塁から藤原のニゴロの間に走者が生還し、6-1。なおも一死二、三塁で根尾が中前2点打を放ち8-1とした。

 日本は五回、一死一塁から小園の右越え適時二塁打で9点目。六回には二死三塁とすると、野尻のニゴロの間に走者が生還し、10-1とした。さらに二死一、二塁とし、日置が中越えの2点二塁打を放って12-1とした。さらに一、二塁から奈良間が右越え2点二塁打を放ち14-1とした。日本は七回を根尾が抑え、コールド勝ちを決めた。

 日本の先発メンバーは次の通り。1番遊撃・小園(報徳学園)、2番二塁・奈良間(常葉大菊川)、3番三塁・中川(大阪桐蔭)、4番中堅・藤原(大阪桐蔭)、5番右翼・根尾(大阪桐蔭)、6番一塁・野尻(木更津総合)、7番捕手・小泉(大阪桐蔭)、8番左翼・蛭間(浦和学院)、9番DH・日置(日大三)。

試合結果へ代表メンバーへ

ランキング

PR