東北学院大、白星発進!渡辺が三塁打2本3打点でキッチリ主砲のお仕事/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

東北学院大、白星発進!渡辺が三塁打2本3打点でキッチリ主砲のお仕事/東北スポーツ

更新

七回も2本目の適時三塁打と大活躍した(撮影・井上幸治)  仙台六大学野球第2週第1日(8日、東北福祉大)2試合を行い、東北学院大は東北工大を10-6で下し、白星発進した。4番・渡辺翔太捕手(3年)が同点、勝ち越しの2三塁打で3打点。リーグ戦初の4位に終わった春からの巻き返しを目指し、主砲が存在感を発揮した。東北福祉大は宮城教大を8-0(七回コールド)で退け、開幕3連勝を飾った。

<< 下に続く >>

 必死の激走で2度、三塁を陥れた。渡辺が同点、勝ち越しの2三塁打で3打点。チームを開幕戦勝利へ導いた。

 「春に2敗した相手に勝てたのはよかった。4番の仕事ができたし、(全力疾走は)気持ちよかった」

 春のリーグ戦で零封された相手エース、佐藤洸雅(3年)から、一回に中越えの同点打。3-3の七回には一死二、三塁で右中間を破った。

 「春に比べていけると思った。直球を積極的に振れた」と渡辺。夏場に死球で負傷した左手首の状態が試合直前に上向き「チャンスで力んでしまう。脱力を考えた」と微調整したフォームもピタリ。菅井徳雄監督も「佐藤洸に集中させてきた。渡辺が打ってくれてありがたかった」と4番を絶賛した。

 札幌市中央区出身。6日に発生した北海道地震では、実家は停電のみで大きな被害はなく「両親に気にしないで、と言ってもらった。きょうはいつも通りにできた」と表情を緩めた。

 春のリーグ戦で、1970年の創設以来、初の4位に沈んだ。四球などミスで自滅したことを受け、夏場は基本を再確認。守備、走り込みを中心に練習をこなしてきた。春から4番も担う渡辺も「4年生も抜けて、自分がやらなきゃいけない」と中心選手の自覚が増した。捕手としても、これまで以上に配球に気を配るようになった。

 今季は背番号を「2」から、捕手では珍しい「1」に変更した。「桃さんも着けていてかっこいいなと思った」と、北海高の3年先輩で、かつて仙台大で三冠王に輝くなど活躍した松本桃太郎内野手(現ホンダ鈴鹿)にならった。

 背番号と同じ順位を目指し「まずは連勝して来週につなげたい。そして優勝を目指す」。攻守の大黒柱が逆襲の立役者となる。 (井上幸治)

渡辺 翔太(わたなべ・しょうた)

 1997(平成9)年4月16日生まれ、21歳。札幌市出身。小1から中南ブラックジャガーズで野球を始める。山鼻中では札幌北シニアに所属し、全国大会出場。北海高では3年夏に甲子園出場。東北学院大では1年春からベンチ入りし、2年秋最高打率賞、3年春ベストナイン。1メートル75、80キロ。右投げ右打ち。家族は両親、兄、弟。

ランキング

PR