ヤクルト・山田哲、7月20日以来の2本塁打「振り切れたので入った」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト・山田哲、7月20日以来の2本塁打「振り切れたので入った」

更新

5回、2点本塁打を放ち生還したヤクルト・山田哲はベンチ前でナインとタッチを交わす=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)  (セ・リーグ、DeNA7-3ヤクルト、22回戦、ヤクルト13勝9敗、9日、横浜)ヤクルトの山田哲が7月20日以来となる2本塁打を放った。0-0の一回に平良のスライダーを捉えて左翼席へ8月24日以来、14試合ぶりのソロを運ぶと、1-4の五回にはバックスクリーン右へ32号2ラン。ともに「しっかり芯に当たったし、振り切れたので入った」と振り返った。

<< 下に続く >>

 ただ、チームはこの3点だけで敗れ「悔しい」とため息。クライマックスシリーズ(CS)進出を争う終盤戦へ「(自分の)状態は今はそんなに良くない。一打席ずつ集中してやっていくしかない」と話した。

試合結果へ

ランキング

PR