6敗目のヤクルト・石川は登録抹消「このままでは駄目。これが今の実力」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

6敗目のヤクルト・石川は登録抹消「このままでは駄目。これが今の実力」

更新

3回、DeNA・宮崎に本塁打を浴びたヤクルト・石川=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)  (セ・リーグ、DeNA7-3ヤクルト、22回戦、ヤクルト13勝9敗、9日、横浜)ヤクルト先発の石川は4回6安打4失点で6敗目を喫した。試合後に出場選手登録を外れることが決まり、「このままでは駄目。これが今の実力と思ってやらないと」と悔しそうに話した。

<< 下に続く >>

 1-0の一回に先頭打者の桑原に二塁打を許し、続く宮崎に適時打を浴びて瞬く間に追い付かれた。さらに捕手の井野の失策も絡んでこの回計3失点。三回にも宮崎にソロを浴び、五回の打席で代打を送られた。「球が高かった。先発が試合をつくれないと、こういう展開になる」と反省した。

小川監督(五回に嶺井に許した3ランに)「あれが一番痛かった。中軸に打たれるのとは話が違う」

ヤクルト・田畑投手コーチ(石川に)「緩い球の制球が高かった。本人にももどかしい部分があるだろう」

試合結果へ

ランキング

PR