執念逆転ヤ!ヤクルト・雄平、反撃のろし弾&決勝弾 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

執念逆転ヤ!ヤクルト・雄平、反撃のろし弾&決勝弾

更新

値千金の一発を放った雄平(中央)は、背中の張りで欠場した青木(左)にヘルメットを取られるなど盛大な祝福を受けた (撮影・長尾みなみ)  (セ・リーグ、DeNA6-7ヤクルト、21回戦、ヤクルト13勝8敗、8日、横浜)セ・リーグ2位のヤクルトは8日、DeNA21回戦(横浜)に7-6で逆転勝ちし、連敗を2で止めて勝率を5割に戻した。雄平外野手(34)が、6-6の九回に勝ち越しの9号ソロを放つなど6月7日のソフトバンク戦(神宮)以来となる1試合2発。青木宣親外野手(36)が背中の張りで欠場した中、16年目の外野手が今季DeNA戦の勝ち越しを決める、価値ある勝利にチームを導いた。

<< 下に続く >>

 午後10時を回り、鳴り物の応援が止まった6-6の九回二死。パットンの150キロの速球を捉えると打球は左翼席へ。歓声の中、雄平は悠然とダイヤモンドを一周した。

 「苦しい戦いだったけど、最後は運もあったかな。押し込んだ感触があったので、もしかしたら入るかなと思いました」

 二回にも反撃の一発を放ち、6月7日以来の1試合2発。6月までの打率・275、3本塁打から7月以降は打率・355、6本塁打と勝負どころで調子を上げてきた5番打者が存在感を放った。

 34歳になっても衰えない“向上心”が活躍を呼ぶ。チームメートのバレンティンや他球団の選手のバットが、自分のものより軽いことを知ると、920グラムから870-880グラムほどのバットに替えた。

 「ボールまで、いかにバットを早く出せるかが大事なんです」。軽くなった分、左方向への打ち損じのファウルが少なくなった。この日のV弾も左方向。「振らないと落ちる」とプロ16年目ながら早出の練習、試合後の素振りも欠かさない。

 デーゲームで阪神に勝った3位・巨人との1・5ゲーム差を維持。今季32度目の逆転勝ちに、小川監督は「粘って、よく追いついて、勝ち越してくれた」とうなずいた。残り22試合。3年ぶりのクライマックスシリーズ進出へ、ラストスパートをかける。 (横山尚杜)

試合結果へ

ランキング

PR