大谷、日本選手1年目最多19号!シーズン中は右肘手術せず打者で「最後まで」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大谷、日本選手1年目最多19号!シーズン中は右肘手術せず打者で「最後まで」

更新

豪快なスイングに靱帯損傷の影響は感じられない(AP)  ホワイトソックス2-5エンゼルス(7日=日本時間8日、シカゴ)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はホワイトソックス戦で、メジャー1年目の日本選手最多本塁打記録を更新する19号3ランを放ち、チームを5-2の勝利に導いた。試合前には、新たな損傷が判明した右肘靱帯(じんたい)について初めて言及。今季中の手術を否定し、残り試合は打者に専念する考えを明かした一方で、今後の二刀流継続に意欲を示した。

<< 下に続く >>

 投げられないエネルギーを全て打席に注ぎ込むかのように、大谷がまた会心の一発を披露した。151キロの内角球に、体を回転させて対応。半信半疑に見つめた視線の先で、打球は中堅手のグラブと一緒にフェンスの向こう側へ消えた。

 「いいところで打ててよかった」

 同点の三回一死一、二塁。左腕ロドンの3球目を捉えた。

 今季2度目の3戦連発となる19号は、勝ち越しの3ラン。2006年の城島健司(マリナーズ)が持つルーキーイヤーの日本選手最多本塁打記録を塗り替え、メジャーで“強打者の基準”とされる20本に王手をかけた。それでも「まだ本塁打を打てる確率は自分的に高くない打ち方。(本塁打を狙わず)二塁打を基準にした打撃ができればいい」と、すずしい顔だった。

 5日(日本時間6日)に検査で右肘靱帯の新たな損傷が見つかり、医師から投手復帰まで1年以上のリハビリ期間を要する靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を勧告された。6月6日(同7日)に右肘の張りを訴え、9月2日(同3日)のアストロズ戦で投手復帰した矢先のアクシデントだった。

 この日の試合前、5日の検査後初めて取材に応じた大谷は「いくつかある選択肢の中で、今すぐに(手術)ということはない。このままシーズンをしっかり最後まで自分らしくプレーしたい」と心境を語った。

 投打二刀流については「今のところは、その方向で進むつもり」と将来的に継続する考えを示した。10日(同11日)には本拠地、アナハイムでビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)ら幹部と面談する予定。そこで手術を受けるかどうかを決めるが、今季中は打者で試合出場を続ける見通しとなった。

 「こればかりは、自分だけで決めることではない。今後のチーム方針にも関わってくる」と最終判断は保留した大谷。しばらく「感覚的に影響はない」という打者に専念しながら、慎重に“二刀流人生”の岐路となる決断を下す。(共同ほか)

試合結果へ大谷の打撃成績へ

ランキング

PR