DeNA、41年ぶり20発カルテット!ロペスが「完璧」先制3ランで5年連続大台 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

DeNA、41年ぶり20発カルテット!ロペスが「完璧」先制3ランで5年連続大台

更新

3点本塁打を放つDeNAのホセ・ロペス=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)  (セ・リーグ、DeNA6-7ヤクルト、21回戦、ヤクルト13勝8敗、8日、横浜)DeNAのホセ・ロペス内野手(34)が、ヤクルト戦(横浜)の一回に先制の20号3ランを放ち、巨人時代の2014年から5年連続で20本塁打に到達した。

<< 下に続く >>

 「手応えは完璧でした」。無死一、三塁から初球を狙い打ち、左翼席へ運んだ。

 筒香(33本)、ソト(29本)、宮崎(24本)に続き20本到達は今季チーム4人目。球団では1977年の田代富雄(35本)、松原誠(34本)、シピン(22本)、高木嘉一(20本)以来41年ぶりの“20発カルテット(4人組)”が実現した。

 ただ、試合は2度リードしながら逆転負け。3年ぶりにヤクルト戦の負け越しが決まった。ラミレス監督は「20本が4人いても本塁打が全てではない。勝つためには、もっと投打がかみ合わなければ」と険しい表情だった。 (佐藤春佳)

試合結果へ

ランキング

PR