地獄13連戦フィニッシュ決定…阪神に最大級の試練、秋山&藤浪がCSスパートの鍵 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

地獄13連戦フィニッシュ決定…阪神に最大級の試練、秋山&藤浪がCSスパートの鍵

更新

2軍で調整中の秋山。13連戦には不可欠だ  セ・リーグが7日、試合日程の追加を発表し、阪神は9月26日から10月8日の今季最終戦まで13連戦となった。金本政権3年目で初の大型連戦で、クライマックスシリーズ(CS)進出へ最大級の試練に。先発ローテは現状5人しかいないだけに2軍調整中の秋山拓巳(27)、藤浪晋太郎(24)両投手の復調は絶対不可欠。鍵を握る2人はこの日、ウエスタン・ソフトバンク戦(8日・高知、9日・安芸)のため高知へ移動した。

<< 下に続く >>

 やはり、大きな試練が待っていた。9月26日から10月8日のシーズン最終戦までおよそ2週間、毎日落とせない試合が続く。7年ぶり、金本虎では初体験の13連戦が決まった。“あの男たち”の帰還なくして、乗り切れるはずがない。秋山、藤浪だ。高知へと飛び立った秋山は、ただただ決意をにじませた。

 「頑張るしかないです。上の戦力になれるように頑張ります」

 8日のウエスタン・ソフトバンク戦(高知)での登板が見込まれる。1軍は日々ギリギリの戦いを続けているだけに、キャンプでもない“この時期の高知”へ旅立つのは悔しいに違いない。

 だが、今はとにかく本来の状態を取り戻すことだ。この日の鳴尾浜でもキャッチボールなどで調整した。昨季12勝を挙げ、メッセンジャーとともに柱と期待された今季だが、ここまでリーグワーストタイの10敗(5勝)。今月1日に3度目の抹消となった。

 9日の同戦(安芸)に先発予定の藤浪も、今季まだ2勝(3敗)だ。2人の力が絶対に必要になるときが、もう目の前まで迫っている。

 “地獄の13連戦フィニッシュ”-。野手陣の疲労や中継ぎの連投も懸念されるが、先だって問題となるのは先発の頭数だ。現状ではメッセンジャー、岩貞、小野、才木、青柳の5人しかいない。さらに、この連戦は伸びる可能性もある。

 試合が組まれていない9月25日も、同23、24日の巨人戦(甲子園)の予備日で、8、9日の同戦が中止になった場合も、入る可能性が…。そうなれば20連戦だ。しかも残り28試合のうち25試合が屋外球場。さらなる中止が発生した場合は13連戦の後ろ、10月9日以降にも組み込まれる模様だ。

 2軍での調整を経て、試練の最終盤に2人が戻ってこれるか-。まさに金本虎の命運を握る。そこに本来の秋山、藤浪の姿があれば、地獄も天国に変えられる。

投手指名練習を見守った阪神・金村投手コーチ「打線が援護してくれることを信じながら大胆に投げてほしい。勝ちにいくことを考えないと。序盤で(先発が)つかまることがあれば、(早めの継投も)考えないといけない」

データBOX

 ◎…金本阪神で過去2年の最大連戦は6まで。今季はゴールデンウイークに9連戦が組まれていたが雨天中止で4連戦、4連戦に。大型連戦となれば初体験となる

 ◎…阪神の13連戦は東日本大震災の影響で4月12日に開幕した2011年(10月4日-16日)以来。9勝4敗で勝ち越したが4位に終わった

 ◎…ここ10年で、11年以外の9連戦以上は7度。15年に「12」(4勝8敗)、14年に「9」が2度(3勝6敗、4勝5敗)、13年に「9」(4勝5敗)。09年に「9」(4勝5敗)、08年に「9」が2度(4勝5敗、6勝3敗)

ランキング

PR