ヤクルト・小川監督、同点二塁打の宮本を評価「物おじしない雰囲気持っている」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト・小川監督、同点二塁打の宮本を評価「物おじしない雰囲気持っている」

更新

8回 同点となる右適時二塁打を放つヤクルト・宮本=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)  (セ・リーグ、DeNA6-7ヤクルト、21回戦、ヤクルト13勝8敗、8日、横浜)ヤクルトのルーキー宮本が5-6の八回に代打で同点の適時二塁打を放った。一死二塁で三嶋の直球を右翼線へ運んで試合を振り出しに戻し、二塁上でガッツポーズ。「無心で打った。いい結果になって良かった」と満足そうに話した。

<< 下に続く >>

 大阪・履正社高から奈良学園大を経てドラフト6位で入団。身体能力の高さを武器に三塁の定位置を狙う。小川監督は「物おじしない雰囲気を持っている。新人ながら頼もしい」と評価した。

カラシティー(五回の攻撃で、本塁へスライディングして負傷し、降板)「やった瞬間は痛みがあったが、次回登板は大丈夫だと思う。チームが勝って良かった」

坂口(六回に2点適時打)「みんながつないでくれた満塁のチャンスだったので、何とかつなぐつもりで打席に入った」

試合結果へ

ランキング

PR