巨人・岡本、30号到達も“フォアザチーム”徹底「チームに貢献できれば」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

巨人・岡本、30号到達も“フォアザチーム”徹底「チームに貢献できれば」

更新

5回、巨人・岡本が本塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)  巨人・岡本和真内野手(22)が8日、阪神22回戦(甲子園)に「4番・一塁」で先発出場。1点リードの五回二死二塁からバックスクリーン右へ、30号2ランをたたき込んだ。

<< 下に続く >>

 「芯でとらえることができましたが、いい風も吹いていましたしね。残りの試合も、ホームランだけでなく、とにかくチームに貢献できればと思います」

 表情を変えずダイヤモンドを一周した主砲は、気を引き締め直した。高卒4年目でのシーズン30号は、球団では2010年の坂本勇以来、8年ぶりの快挙。だが、前日に「打てなくても(試合に)出させてもらっていた。しっかり試合に出るからには、準備をして勝てるように。貢献できるようにやるだけ」と話していたように、少しでも上の順位を狙うため、これからも“フォアザチーム”に徹する。

試合結果へ

ランキング

PR