三浦大輔氏、豪華“ベイ列車”に同乗「端から端までベイスターズ一色」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

三浦大輔氏、豪華“ベイ列車”に同乗「端から端までベイスターズ一色」

更新

 DeNAが東京急行電鉄、横浜高速鉄道と協力した、ベイスターズのデザインが施されたラッピング電車「ベイスターズトレイン ビクトリー号」の運行を記念した「ビクトリーツアー」が7日、初日を迎えた。

<< 下に続く >>

 外装だけでなく、内装もベイスターズ一色で中吊りなどの広告だけでなく、床、ドア、つり革にまでDeNAの選手の躍動する姿などが描かれている。9日までの3日間で開催されるツアーは東横線「渋谷駅」から横浜スタジアムの最寄りでもあるみなとみらい線「日本大通り駅」までノンストップで運行する。

 6000人超の応募から当選した約250人のファンを乗せた列車にはハマの番長こと三浦大輔氏も同乗。車掌室から車内放送用のマイクを使用してトークショーを行い、記念品も手渡しするサービスでもてなした。

 「すごかったですね。端から端までベイスターズ一色でした。どこをみてもベイスターズで、ファンにはたまらない電車ですね。(車掌室からで)皆さんの顔が見えないところでトークショーも初めての経験で楽しかったです」。8日は谷繁元信氏、9日は佐伯貴弘氏がスペシャルゲストとして同乗する。

 ビクトリー号は10日~16日まで通常運転される。運行線区はみなとみらい線、東横線、東京メトロ副都心線、西武有楽町線・池袋線、東武東上線だが、運行されるのは1編成のみとあって、“遭遇”できるには運も必要そうだ。

 

ランキング

PR