オリ・福良監督、山足のプロ初本塁打に「積極性という良さが出た」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

オリ・福良監督、山足のプロ初本塁打に「積極性という良さが出た」

更新

3回、本塁打を放ちタッチをするオリックス・山足=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)  (パ・リーグ、ソフトバンク1-3オリックス、19回戦、ソフトバンク11勝8敗、7日、ヤフオクD)オリックスのドラフト8位ルーキー、山足が派手なプロ初本塁打を放った。1点を追う三回一死二、三塁から千賀の初球のフォークボールを捉えて左翼へ逆転の3ラン。「積極的に打とうと思っていた。最高の結果につながって良かった」と笑顔だった。

<< 下に続く >>

 この日再昇格したばかり。「1番・三塁」での先発起用に応えた。オリックス打線は千賀と今季2度の対戦で無得点だっただけに福良監督は「積極性という良さが出た。ワンチャンスだったが、生かしてくれた」と目を細めた。

ローチ(7回1失点で2勝目)「カットボールとシンカーがよく決まってくれたし、ほかの変化球も悪くなかった」

山本(八回に今季50試合目の登板、1回を無失点)「振り返ってみるとあっという間。もっとホールドポイントを取って、チームを勢いづけられるように」

試合結果へ

ランキング

PR