松井超えの大谷翔平17号ソロ弾、初速度172・2キロで飛距離110メートル - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

松井超えの大谷翔平17号ソロ弾、初速度172・2キロで飛距離110メートル

更新

レンジャーズ戦の5回、右越えに17号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)  レンジャーズ-エンゼルス(5日、アーリントン)右肘靱帯に新たな損傷が見つかった米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はレンジャーズ戦に「3番・DH」で出場。五回先頭の第3打席で、レ軍の2番手右腕・ビベンズダークスから、2試合連続本塁打となる右越え17号ソロを放ち、1年目の本塁打数で2003年のヤンキース・松井秀喜の16本を超えた。 

<< 下に続く >>

 MLBスタッツキャストによると大谷の17号ソロ弾の飛距離は、361フィート(110メートル)。初速度は107マイル(172・2キロ)で、打ち出し角度は45度だった。

 試合前に走った衝撃のニュースを自らのバットで打ち消した。5点リードで迎えた五回先頭での第3打席。変わった2番手右腕ビベンズダークスの初球、外角への速球を力強く振り切ると、高々と上がった白球は右翼スタンド前段へ飛び込んだ。ベンチへ戻った大谷は、チームメイトからの祝福に笑顔で応えた。

 日本選手のメジャーリーガー1年目の本塁打は2006年に城島健司(マリナーズ)が記録した18本が最多で、大谷はあと1本に迫った。 

試合結果へ大谷の打撃成績へ

ランキング

PR