広島・新井「本当に人に恵まれた20年間だった」…鯉と阪神で戦った野球人生 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

広島・新井「本当に人に恵まれた20年間だった」…鯉と阪神で戦った野球人生

更新

本塁打を放った丸を出迎える新井。ベンチで盛り上げた(撮影・山田喜貴)  広島・新井貴浩内野手(41)は5日、マツダスタジアムで会見し、今季限りでの引退を表明。ユニホーム姿で晴れ晴れとした表情を浮かべ、思いを語った。

<< 下に続く >>

 --球団に引退の意志を伝えたのはいつ

 「8月の初めのほうですね」

 --伝えるに至った経緯は

 「自分の中では、けっこう早い段階でそういうふうに決めようというふうには考えていましたね。8月に入ってすぐ、鈴木(球団本部長)さんのほうに引退させてもらいますとお伝えしました。球団を始め、鈴木さんからは考え直せと、まだ辞めるなというふうに言っていただき、1カ月間考え直してくれと言っていただいたんですけど、8月いっぱいまた考えて、自分の気持ちが変わることがなかったので、そうお伝えしました」

 --早い段階はいつ。決め手は

 「だんだんいろんなことを考えていて…、そろそろかなと考え出したのが交流戦が終わったくらいですかね」

 --引退の気持ちがこの1カ月、変わらなかった理由

 「若手がすごく力をつけてきていますし、これからの2年後、3年後、また5年後のカープのことを考えたときに、まあ今年がいいんじゃないかなというふうに考えました」

 --いまの率直な気持ちは

 「自分の中では2015年にカープに戻ってきてから、とにかくカープのために少しでも力になりたいと思って帰ってきました。そのときはもう、1年間やって力になれなかったらすぐ辞めようと思って帰ってきたなかで、4年間もやらせていただいて、優勝もさせていただいて、ほんとうに周りの方に感謝の気持ちしかないですね」

 --周りに相談

 「黒田さんには早い段階で、そういう気持ちですと伝えていました。あと、石原にもいいました」

 --黒田さんの反応は

 「え? ほんまか、という感じで。それが第一声でした」

 --言葉は

 「最初はね、『ほんまか、まだできるだろう』という感じでしたが、しゃべっていくうちに、お前が決めたことだから、あとは最後までお前らしく頑張れって言っていただきました」

 --石原からは

 「石原は何も言葉を発することはなく、ちょっとショックそうな顔でしたね」

 --新井選手から言葉は

 「いま、僕と石原ぐらいですかね。ベテランというのは。あとは石原だけになってしまったので、まだまだおまえの力が必要だと思うし、少しでも長く頑張れよっていう風にはいいました」

 --家族は

 「子供に伝えたときは『なんで?』っていう反応でね、辞めてほしくなさそうな表情でしたね、はい」

 --ファンも報道陣もなぜという思いがある

 「マツダスタジアムだけに限らず、どこの球場でも、代打や打席に立つ度に大歓声を頂いて、そういう中で今年は喜ばせてあげることができていない。そういうことも含めて申し訳ないなと思います。また、25番のユニホームを着て応援してくれている方がたくさんおられるなかで、今年でユニホームを脱ぐ決断をしたので、そういう人たちを、悲しませるようになってしまい申し訳ないなっていう思いですね」

 --たくさんいるなかで恩師をあげると

 「数え切れないくらいいますが、やっぱり山本浩二さんは一番迷惑かけた監督なので。先ほども事前に連絡して、気持ちは伝えました」

 --山本浩二さんから言葉は

 「よく頑張ったなと。最高の引き際じゃないのかって、いってもらいました」

 --日本一への思いは

 「そうですね、最後日本一になってね、みんなとうれし涙でね、終われれば最高かなと思いますし、また、自分もそこに何とか力になれるように最後の最後まで全力で頑張りたいと思います」

 --ファンへの思いは

 「戻ってきたときは、まさかここまで応援していただけるとは思っていなかったので、帰ってきての初めての開幕戦、ヤクルト戦での代打での打席は生涯忘れることはないですし、やっぱり、たくさん声援を送ってくださるファンの方に喜んでもらいたいという気持ちがあったので、ここまで体が動いてくれたんじゃないかなと思いますね」

 --決めるまでの中で葛藤もあった

 「やっぱり、その、また新しい力というか、今年でいうと野間がね、丸がけがして野間が力つけ出して、いろんな要素がある」

 --まだシーズンが残っている中で、ここまでの現役生活を振り返って

 「まだ続いているんでね…。まあ、本当に人に恵まれた20年間だったなと。周りの人に恵まれた。ただやっぱり苦しかった思い出のほうが多いね」

 --一番頭に浮かぶシーンは

 「やっぱり初めて優勝したところですね。25年ぶり、自分自身も初めて優勝して、東京ドームでね、黒田さんと抱き合ったときっていうのが一番思い出に残っている。いまのところね」

 --残り少ない野球人生のなかで自分の経験をどのように伝えていきたい

 「それは、もう頭で考えてどうこうではない。今まで通り変わらず、最後まで全力疾走で駆け抜けたい。そういうものをみて何を感じてくれるかというのはわからない。ただ自分にできるのは最後の最後まで全力疾走でプレーすることですね」

巨人・上原「同期入団でもあるし(北京五輪などで)日の丸を一緒に背負った仲間でもある。寂しいのが一番の気持ち。何事にも一生懸命で、どんなにすごい選手になっても努力している姿はみんな知っている」

巨人・阿部「北京五輪で一緒に戦ったのが一番の思い出。今年も元気な姿を見せてくれていたので、いなくなるのは残念」

ドジャース・前田健太「新人のとき(2007年)初めて打撃投手をやって、ボコボコに打たれた。プロってすごいなと感じた。練習熱心で気さくな人だった。3連覇がもうすぐだが、カープの優勝というのは新井さんがいなかったらなかったと思う」

試合結果へ

ランキング

PR