阪神から派遣の木戸ヘッドコーチ、女子野球で世界一「勝つための集団になった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神から派遣の木戸ヘッドコーチ、女子野球で世界一「勝つための集団になった」

更新

決勝で台湾に勝ち、6連覇を達成した侍ジャパン女子日本代表の木戸克彦ヘッドコーチ(提供)  女子野球のW杯は8月31日、フロリダ州ビエラで決勝が行われ、侍ジャパン女子日本代表は台湾に6-0で快勝し、6大会連続6度目の優勝を果たした。阪神から派遣された木戸克彦ヘッドコーチ(57)=球団本部部長=はPL学園高、法大、阪神で日本一に輝き、女子野球では世界一に輝いた。

<< 下に続く >>

 「最初は女子野球って、どういうものなんだろうと手探りでしたが、練習、合宿を重ねていくうちに女の子から女性になり、目つきが変わって、最後は男女関係なく、勝つための集団になった。6連覇を達成できて、今はほっとしています」と話した。プロでの豊富な経験を担当したバッテリー部門に注入。初の女性監督だった橘田恵監督をバックアップした。

ランキング

PR