【球界ここだけの話(1317)】ソフトバンク・柳田、“幻のプロ1号”を放った沖縄への思い - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【球界ここだけの話(1317)】ソフトバンク・柳田、“幻のプロ1号”を放った沖縄への思い

更新

安打を放つソフトバンク・柳田=那覇市、沖縄セルラースタジアム那覇  ソフトバンクは6月26、27日の日本ハム戦を沖縄セルラースタジアム那覇で戦った。相手の主催試合ではあったが、チームの歴史で初めての沖縄での公式戦。キャンプも宮崎市で行うナインにとってなじみの薄い場所だが、思い出を語ったのは柳田悠岐外野手(29)だ。

<< 下に続く >>

 「2軍戦で来たことあるんですよ。ホームラン打ってるんです」

 ルーキーイヤーの2011年4月に巨人とのファーム交流戦が那覇で開催された。実はこの1本、プロでの公式戦初本塁打になるはずだった。「途中で雨が降ってきて」。試合中に降雨ノーゲームとなり、“幻のプロ1号”というオチつき。自身も忘れていたようだが、14年11月の日米野球で再び同球場へ。ロッカーで「ここ来たことあるよな」と思っていたら、一緒に出場していた中村晃外野手(28)から「ホームラン打ったじゃないですか」と指摘されてハッとしたという。

 その日米野球はMVPに選ばれ、4年後の今回も活躍した。27日の第2戦は猛打賞。俊足を生かした安打もあり、2盗塁も決めた。

 「足だけは見せられたかな」

 ただ、本塁打を取り返すのは次回になった。チームも連敗。工藤公康監督(55)も「いいところをみせたい。ソフトバンクファンが増えるように」と話していたが、沖縄初勝利はお預け。現在の1軍で唯一の沖縄出身である嘉弥真新也投手(28)は登板機会に恵まれず、沖縄尚学高で甲子園優勝投手になっている東浜巨投手(28)は右肩の故障で地元に戻ってくることさえできなかった。

 その東浜はオフに「いつかは沖縄でホームゲームを」と球団に要望して、検討を約束されている。当地も近年はプロ野球の公式戦の招致に積極的。鷹ナインがいくつかの「忘れ物」を取りに帰る日は、そう遠くはならないはずだ。(安藤理)

ランキング

PR