【金本監督アニトーク】阪神・高山の送球「しようがない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【金本監督アニトーク】阪神・高山の送球「しようがない」

更新

ベンチで試合を見守る阪神・金本監督=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)  (セ・パ交流戦、楽天8-0阪神、3回戦、阪神2勝1敗、17日、楽天生命)

<< 下に続く >>

 --一気に3連勝といきたかったが

 金本監督 「ま、なかなか、そううまくはいかなかったな」

 --序盤に先発があれだけ打たれると

 「う~ん…だなぁ。ま、若い投手だし。ライト、フォローだったしな、風がな、う~ん、まぁ…な」

 --守備で足を引っ張る場面も

 「どこがあったかな? 3失策? 海(植田)と孝介(福留)と?」

 --高山の送球も記録は失策

 「悪送球かなぁ。ランナーに当たったんかな。そんな…当たってなかったらアウトでしょ。いいプレーだと思うしね。たまたま当たっただけやから、ランナーに。それはしようがない」

 --活気が出ていた打線は沈黙したが

 「きょうに限ってはね。仕切り直しでしょう。甲子園に帰って。あと2試合、まず(残りの)交流戦」

 --交流戦の負け越しが決まったが、2連勝して勝率5割でリーグ戦を再開したい

 「まだチャンスはあるからね。2つなんとか勝てるようにやるだけですね」

試合結果へ

ランキング

PR