【今季1号一問一答】阪神・高山「1軍の舞台で活躍することが恩返しだと思う」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【今季1号一問一答】阪神・高山「1軍の舞台で活躍することが恩返しだと思う」

更新

4回、本塁打を放つ阪神・高山=札幌ドーム(撮影・村本聡)  (セ・パ交流戦、日本ハム5-10阪神、1回戦、阪神1勝、12日、札幌D)阪神は、日本ハムに10-5で打ち勝った。この日出場選手登録された2番・高山俊外野手(25)が四回に日本ハム・斎藤から今季1号3ランを放つなど2安打3打点で勝利に貢献。昇格即スタメンで結果を出した高山はヒーローインタビューで安堵の表情を浮かべた。

<< 下に続く >>

 --3ランを放った四回はどんな思いで打席に

 「得点圏だったので、ここでやってやるという気持ちで。その前のリクエストみたいなのがファールでよかったかなと思います」

 --リクエストからどう気持ちを作り直した

 「ファールはファールなんで、別になんてことなかったです」

 --本塁打の感触は

 「本当に芯に当たってくれて。ホームランになってよかったです」

 --昇格即スタメン。金本監督は高山選手に期待をかけた

 「そういう思いに応えたいという気持ちが強かったですね。今シーズンずっと応えられてなかったので、きょうそういう形でまず一歩踏み出せたのでよかったかなと思います」

 --ファンが帰りを待っていた

 「打てないときも、2軍に落ちてもたくさんあったかい言葉をかけてもらったので、またあしたから1軍の舞台で活躍することが恩返しだと思うので、あしたからも頑張っていきたいと思います」

試合結果へ

ランキング

PR