阪神、高山が1号3ラン&中谷が5打点 若虎が札幌で大当たり! - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神、高山が1号3ラン&中谷が5打点 若虎が札幌で大当たり!

更新

4回、3点本塁打を放つ阪神・高山=札幌ドーム(撮影・山田喜貴)  (セ・パ交流戦、日本ハム5-10阪神、1回戦、阪神1勝、12日、札幌D)阪神は、日本ハムに10-5で打ち勝った。この日出場選手登録された2番・高山俊外野手(25)が四回に今季1号3ランを放つなど2安打3打点、5番・中谷将大外野手(25)も四回の2号2ランなど3安打5打点と若虎が躍動した。先発のメッセンジャーは7回0/3を投げて8安打5失点で8勝目(3敗)を挙げた。

<< 下に続く >>

 日本ハムはこの日出場選手登録をされた斎藤が先発。阪神は二回二、三塁と好機を作ると、梅野の遊撃適時内野安打で1点を先制。三回には一死満塁から中谷が左犠飛を放ち、2-0とした。

 四回には一死二、三塁から高山が右中間へ1号3ラン。さらに二死三塁から中谷が左翼ポール際へ2号2ランを放ち、7-0とした。その裏、日本ハムに1点を返されたが、八回に無死一塁から糸原が左中間へ適時二塁打を放ち1点を追加。なおも一死満塁から中谷が左越え適時打を放ち、10-1とした。

 八回にメッセンジャーが4連打を浴びて3点を返されて降板。無死三塁でマウンドにあがった尾仲は、中田の三ゴロ間に三走の生還を許したが、最小失点で切り抜けた。九回は能見が3者凡退で締めた。

試合結果へ

ランキング

PR